カーリースの保険ってどうなってるの?

自動車保険ご案内の書類

車を所有していると自動車保険は国の決まりで強制的に加入することになっています。

これは、ディーラーで購入した車でもカーリースでも同じです。

ですが、カーリースの保険ってどこで加入できるのか、どんな内容を補償してくれるのか分からないこともあると思います。

そこで今回は、カーリースの自動車保険について解説していきます!

カーリース契約をするにあたり保険の知識を事前に身に付けたいという人は是非参考にしてみて下さい!

自動車保険は2種類

まずは自動車保険にはどんなものがあるのかを解説していきます。

自賠責保険

自賠責保険とは、自動車の運転中に他人をケガさせてしまったり、死亡させてしまった場合に保険金が支払われるという保険です。

他人に対して保険が下りるものなので、事故によって自分がケガをしてしまったり、車が壊れたとしても保険金は支払われません。

この保険は全ての車が法律によって加入することが義務付けられています。

任意保険

任意保険とは、事故を起こした時、自分がケガをしたり車が損傷した場合に保険金が支払われるという保険です。

こちらは、名前の通り加入するかどうかは任意なので、ケガをすることはないという人は加入しなくても問題ありません。

ですが、相手をケガさせてしまったり死亡させてしまったときは自賠責保険だけでは補償金額が足りないケースが多く、任意保険の保険金を使えば足りない分を補えるので、加入することをおすすめします。

自賠責保険はカーリース契約に含まれている

自賠責保険の加入は強制ということもあって、カーリース契約では月々の支払金額の中に自賠責保険が含まれている場合がほとんどです。

なので、自分で保険会社と保険加入の手続きを行わなくても、問題ありません。

カーリース専用の任意保険がある

多くのカーリース会社や保険会社は、カーリース専用の任意保険を提供しています。

通常の任意保険との大きな違いは、車が全損になって解約せざるを得なくなってしまった場合に、車両代に加えて解約違約金まで補償してくれるということです。

通常の保険に入ってしまうと、解約違約金を補償してくれないので、カーリース契約する際はカーリース専用の任意保険へ加入することをおすすめします。

まとめ

カーリースの保険はカーリース専用の任意保険に加入することをおすすめします。

カーリース会社で加入すれば月々の支払いの中に保険料を組み込むことができるので、急な出費が発生しません。

ですが、カーリース会社ごと契約している保険会社や補償内容が決まっていることがほとんどなので、自分なりの補償内容が選べないというデメリットがあります。

それでもカーリース会社に任せれば自分で契約する手間が省けるので、面倒な手続きは嫌な人にとっては大きなメリットとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。