カーリースで保険は入れるの?車を乗るときに必要な保険を徹底解説

車を運転する際に、一番気を付けなければならないのは、事故です。

車を所有している人の約7割が、事故に備えて保険に加入しています。
※出典:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況」

しかし、カーリースのように車をリースしている場合、保険はどうなるのでしょうか。

この記事では、カーリース契約した時の保険について解説します。

自動車保険は2種類

自動車保険には、車の所有者全員に加入義務がある「自賠責保険」と、任意で加入する「任意保険」の2種類があります。

補償される範囲がそれぞれ違うので、一つずつご紹介します。

自賠責保険とは?

自賠責保険とは、車の所有者全員が加入する義務がある保険です。

交通事故で相手を死亡させた場合や、ケガをさせた場合のみ、相手方に補償金が支払われます。
(100%自分の責任で発生した事故に関しては、補償金が下りず、自己負担で相手方に補償する必要があります。)

そのため、自分や同乗者が死亡、ケガをした場合には、補償金が支払われません。

自賠責保険で、相手方に支払われる補償額は以下の通りです。

  補償限度額
障害による損害 120万円
後遺症障害による損害 4,000万円(常時介護を要する場合)
3,000万円(臨時介護を要する場合)
死亡による損害 3,000万円

出典:国土交通省 自賠責保険ポータルサイト

限度額以上の補償金が必要となった場合は、自己負担もしくは任意保険の保険料でカバーする必要があります。

任意保険とは?

任意保険は名前の通り、ドライバーの任意で加入する保険です。

補償内容は、自賠責保険で賄いきれない範囲を補償します。

主な補償内容はこちらです。

対人賠償保険 交通事故で相手を死亡、ケガさせた場合
対物賠償保険 交通事故で車や家、ガードレールなどを破損させた場合
人身傷害補償保険 運転手や同乗者がケガした場合
搭乗者傷害保険 運転手や搭乗者が死傷した場合
自損事故保険 電柱衝突や転落事故などの単独事故で運転手や搭乗者が死傷した場合
無保険車傷害保険 事故の相手が自分へ補償する保険に入っていないor相手が支払う補償額が足りない場合
車両保険 交通事故やトラブルで自分の車の修理が必要になった場合

任意保険は、交通事故で相手を死亡、ケガさせた場合に補償金が支払われる対人賠償保険がメインとも言えます。

自賠責保険も相手を補償しますが、限度額があり、補償金が足りないケースがほとんどです。

補償金を自己負担したくないことを理由に、任意保険へ加入している方が多いです。

自賠責保険と任意保険の金額は?

自賠責保険の加入は強制、任意保険の加入はドライバーの自由と説明しましたが、保険料はいくらになるのでしょうか。

結論から言うと、自賠責保険は車種と契約期間で保険料が決まります。

任意保険は保険会社や補償内容、補償額によって異なります。

自賠責保険は、リース料金に含まれているので加入する必要はありませんが、金額だけ紹介させて頂きます。

自賠責保険の保険料

任意保険の保険料

任意保険の例

保険料(年額) 42,150円 56,200円 76,000円 37,500円
年齢/性別 42歳(女性) 28歳(男性) 25歳(男性) 46歳(男性)
免許の色/
等級
ブルー
12等級
ブルー
6等級
ゴールド
6等級
ゴールド
20等級
年間走行距離 4001~5000km 4001~5000km 4001~5000km 6001~7000km
対人賠償責任保険 無制限 無制限 無制限 無制限
対物賠償責任保険 無制限 2000万円 無制限 無制限
搭乗者傷害保険 1000万円 1000万円 なし なし
人身傷害補償保険 5000万円 5000万円 3000万円 5000万円
車両保険 一般 一般 一般 一般
家族限定特約 なし 本人限定特約 本人・配偶者限定特約 本人限定特約

※Honda N-BOXの場合
※等級…初めて自動車保険を契約する時は6等級。自動車保険を1年間使わなかった場合、1等級上がる。交通事故を起こして自動車保険を使った場合は3等級下がる。等級によって保険料が変動します。

任意保険は、年齢、免許の色、等級によって金額が異なります。

年齢が若い方、免許の色がブルーかグリーン、等級が低い方は保険料が高くなります。

どこの保険会社が良いのかは、各保険会社の公式サイト上で無料見積シミュレーションをして比較してみて下さい!

カーリースで保険に入る必要は?

ここまで、自賠責保険と任意保険について説明してきましたが、カーリースはレンタルなので、保険に入る必要があるのでしょうか。

自賠責保険に関しては、最初からリース料金に含まれているので、契約者が別で自賠責保険に加入する必要はありません。

任意保険に関しては、名前の通り加入は「任意」なので、契約するかは自由です。

しかし、万が一事故を起こしたときの賠償金や、車が全損した際の解約金が必要なことを考えると、任意とはいえ加入必須であると言えます。

「リースカー車両費用特約」の加入も忘れずに

任意保険に加入する際は、“リースカー車両費用特約”を付けることを忘れないで下さい。

リースカー車両費用特約とは、リース車が全損して解約金が必要になった時や、事故で修理費が必要になった時に任意保険だけでは賄いきれない分を補償する特約です。

この特約は、保険会社によって補償内容や補償額が異なります。

各保険会社が提供する特約についてまとめましたので、見てみましょう。

保険会社名 リースカー車両費用特約の補償内容 補償額
東京海上日動 中途解約金の不足分を補償 保険金の10%もしくは上限20万円、下限5万円
損保ジャパン 分損(盗難、台風、竜巻、洪水、落書、いたずらなど)時の修理費、中途解約金の不足分を補償 上限15万円
あいおいニッセイ同和損保 分損(盗難、台風、竜巻、洪水、落書、いたずらなど)時の修理費、中途解約金の不足分を補償 保険金の10%もしくは15万円のいずれか高い方

中途解約金のみか、分損+中途解約金の両方を補償するか、補償額など内容が様々なのが分かります。

各保険会社の公式サイトから無料見積りシミュレーションを利用して、リースカー車両費用特約付きの保険料がいくらになるのか一度確認することをおすすめします。

リース車を全損させて解約になると、任意保険だけでは解約金を賄いきれないケースがほとんどです。

万が一全損となってしまったことを考えると、リースカー車両費用特約を付けることをおすすめします。

任意保険はカーリース会社でも加入できる!

多くのカーリース会社は、保険会社と連携した任意保険が契約できるプランを用意しています。

保険料は月々のリース料に組み込めるので、家計管理を楽にしたい方は、まとめることをおすすめします。

契約期間は、保険会社の場合1年ごとですが、カーリース会社の場合リース期間と同じ長さです。

保険会社で契約した場合、事故を起こすと等級が下がるので保険料が上がりますが、カーリースで契約した場合は、事故を起こしても保険料が上がりません。

事故を起こさなかった場合、保険料が下がることはありませんが、上がるリスクがないのは大きなメリットです。

任意保険を提供しているカーリース会社4選!

KINTO

任意保険の補償内容 対人賠償保険(無制限)
対物賠償保険(無制限)
人身傷害保険
車両保険
リースカー車両費用特約
リース料金への組み込み 基本料金に含まれる
保険等級の引継ぎ 不可
公式HP https://kinto-jp.com/

トヨタ車、レクサス車のみを扱う「KINTO」は、基本料金に任意保険が含まれています。

補償内容も決まっているので、補償内容を選ぶ手間が省けるのは大きなメリットです。

リースカー車両費用特約も付いているので、安心してカーライフを送ることができます。

MOTAカーリース

MOTAカーリースのTOP画像
任意保険の補償内容 選択プランによる
リース料金への組み込み
保険等級の引継ぎ
公式HP https://autoc-one.jp/

最後に車がもらえることが特徴の「MOTAカーリース」は、基本料金に任意保険は含まれていませんが、組み込むことが可能です。

また、等級を引き継ぐことができるので、等級が高い方は安く加入することができます。

コスモMyカーリース

任意保険の補償内容 選択プランによる
リース料金への組み込み
保険等級の引継ぎ
公式HP https://www.cosmo-mycar.com/

コスモ石油が運営する「コスモMyカーリース」も、任意保険をリース料金へ組み込むことが可能です。

また、等級を引き継ぐことも可能なので、等級が高い方は利用することをおすすめします。

SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーる
任意保険の補償内容 選択プランによる
リース料金への組み込み
保険等級の引継ぎ
公式HP https://sompo-de-noru.jp/

SOMPOホールディングスとDeNAが運営する「SOMPOで乗ーる」も任意保険をリース料金に組み込むことが可能です。

保険会社も運営しているSOMPOホールディングスのカーリースなので、安心感は他のカーリース会社より一枚上手ですね。

まとめ

カーリースの基本料金には、自賠責保険が含まれているので、契約者が別で支払う必要がありません。

任意保険の加入は「任意」ではありますが、自分と相手方への補償がされるので、加入することを強くおすすめします。

事故はいつ起こるか分かりません。自分が注意していても、相手の不注意で起こる可能性も十分あります。

事故で車だけでなく、自分の人生も壊さないためにも任意保険への加入は必須と言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です