法人がカーリースを利用するメリットとデメリット

輸入車のフロント部分

カーリースは車両代+税金+車検費用が一つになって、月々定額で新車に乗れるということで、契約する人が増えています。

最近は個人契約だけでなく法人契約をする人も増えているんですよ。

ですが、新車を購入するのとカーリースではどちらがオトクなんだろうと悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、法人がカーリースを利用するメリットとデメリットをご紹介します!

カーリースを検討している法人の方は是非参考にしてみて下さい!

法人カーリースのメリット

リース料金を経費で落とせる

車を購入した場合は、支払った金額を全てを経費に落とし込むことができませんが、カーリースの場合は全額経費として落とすことができるので、節税効果が見込めます。

法人にとっては、経費で落とせるか落とせないかはかなり大きいポイントなのではないでしょうか。

経費処理が簡単になる

新車をディーラーなどで購入すると、車両代金を減価償却したり、自動車税、車検費用、保険料など経費処理が多くなります。

ですが、カーリースであれば車両代金+自動車税+車検費用+保険料が全てセットになっており、経費処理も1回で済むので、経理の方にとってはかなり助かると思います。

経理の方に無駄な手間をかけさせないという意味ではカーリースはかなりおすすめです。

法人カーリースのデメリット

走行距離制限がある

ほとんどのカーリース会社は走行距離制限を定めています。

なので、車をよく使うという仕事の場合は走行距離に気を付けながら利用する必要があります。

ですが、カーリース会社によっては契約終了後に車がもらえるプランを提供しているところもあり、もらえるプランなら走行距離制限がありません。

走行距離が気になるという方は、最初からもらえるプランを利用してみるのも良いかもしれませんね。

返却時は原状復帰する必要がある

カーリースは基本的に契約満了後には車を返却する必要があります。

車を返却する時は、車内の汚れやボディにできた傷を修理してから返却することになります。

無駄な修理費やクリーニング費を発生させないためにも一人一人が大事に利用するようなルールを作ることをおすすめします。

まとめ

法人が新車をカーリースすると費用が経費で落とせたり、経費処理が簡単になるなどメリットがたくさんあります。

デメリットを見ても走行距離制限があったり、原状復帰する必要があったりという問題はありますが、契約満了後にリース車がもらえるプランに加入していれば、そのようなデメリットも解消することができると思います。

法人で車を導入しようとご検討されている方はカーリースという選択も有りなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。