カーリースのメリット・デメリット!本当にカーリースはお得なの?

手のひらに車の模型

最近、テレビCMが流れるなど、いま沸々と人気を集めているカーリース。
初期費用ゼロで新車に乗ることができることもあり、現在利用者が急増しています。

しかし、カーリースは最近登場したサービスでもあるため、まだ仕組みやメリット・デメリットが分からない方もいると思います。

今回は、そんなカーリースについて仕組みの部分から徹底的に解説していきます!
この機会に正しい情報を身につけ、今後の参考にしてください!

カーリースとは?

カーリースの仕組み

カーリースとは、契約者が選んだ新車をカーリース会社が購入し、契約者は月額料金をカーリース会社に支払うことで新車が借りられるサービスです。

似たようなサービスでレンタカーがありますが、大きな違いは中古車ではなく新車が借りられることです。

他にも、好きなボディカラーやカーナビの有無など自由に決めることができるため、新車購入のような契約ができることも特徴です。

また、カーリースは車両代に加えて初期費用、維持費などが月額料金に含まれているため、車のサブスクリプションとも言えます。

カーリースの料金の仕組み

カーリースの特徴が分かったところで、続いてはカーリースの料金の仕組みについて解説します。

カーリースと購入の違い

カーリースの支払いで大きな特徴なのは、残価設定があることです。

残価とは、車を返却した時に残った価値、つまり下取り価格のことを指します。
契約時に、あらかじめ残価を設定し、車両価格から差し引くことで購入よりも安く利用できる仕組みとなっています。

返却することを前提として残価を設定しているため、契約満了後は自分のものになりませんが、コストを抑えて新車に乗りたい方にはピッタリのサービスと言えます。

カーリースのメリット

さて、カーリースの基礎的な知識に触れてきました。

ここからはカーリースのメリットについて説明をしていきます。

カーリースを検討する上で、一番知りたいポイントであると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

月額固定支払いで家計管理がしやすくなる

車を手に入れるためには、一括購入もしくはカーローンなどで借入を行って購入するケースがほとんどです。

しかし、頭金や車体料金はカーローンで済ませたとしても、購入後も定期的メンテナンスや車検などで不定期な出費が発生します。

カーローンの月々の返済に加えて、不定期な出費が重なると、家計的管理が難しくなります。

カーローンの支払イメージ

カーリースであれば、一般的に維持にかかる税金や自賠責保険料などが月額料金に含まれております。また、メンテナンス費用や車検代が定額になるプランを用意している会社も多く、毎月の支払額がほとんど一定になります。

突発的な出費がなくなり、家計管理がしやすくなる点はカーリースのメリットと言えます。

カーリースの支払イメージ

豊富な車種から好きな車を選択できる

多くのカーリース会社では、国産全メーカーの全車種を新車で取り扱っています。
基本的に新車と同じように、ボディーカラーやグレードなどの選択も自由です。

また、一部のカーリース会社では中古車や輸入車の取扱もあります。

中古車であれば、在庫次第ですぐに車を手に入れることができ、基本的には新車よりも安い料金で借りることが可能です。

輸入車は購入のハードルが高いですが、カーリース契約にすることで家計に無理なく乗ることができます!

取扱車種は各社それぞれ特徴がありますので、HPを確認してみましょう!

手続きがカンタン

多くのカーリース会社では、ネット上で審査から申込、契約まで行えます。

さらに、会社によってはリース車を自宅まで納車してくれるサービスもあります。

そのため、店舗まで足を運ぶ必要がなく、自宅で時間をかけて車種ごとの料金や各社のサービスなどを比較検討することが可能です。

また契約期間終了後は、車をカーリース会社へ返却するだけで済みます。

住民票の提出、スクラップ費用の支払いなど本来車を手放すときに必要な手続きが一切ないことは大きなメリットとも言えます。

カーリースのデメリット

カーリースには多くのメリットがあることが分かりました。

一方でデメリットについてもこちらでは紹介します。

検討する際にはこちらも重要なポイントとなりますので、一つ一つ確認していきましょう。

途中解約できない会社が多い

カーリースでは基本的に途中解約や内容の変更ができません。解約ができたとしても、違約金が発生する場合がほとんどです。

カーリースの料金は、車両価格から返却時に残る車の価値である残価を差し引いた金額を契約月数で割って算出します。

万が一、契約者が途中解約をしてしまうと、残りの契約期間分の月額料金がカーリース会社に入金されなくなります。

以上のことから、カーリース契約では基本的に途中解約ができない仕組みとなっています。

それでも、契約期間を短く設定することで、途中解約のリスクを減らすことができます。

カーリース契約をする際は、今後のライフプランを考えた上で契約期間や内容を設定することをおすすめします。

走行距離に制限がある

カーリース会社の多くは、月間や年間で走行距離に制限を設けています。

走行距離に制限を設ける理由としては、契約時に設定した残価を下回らないようにするためです。

車は走行距離が長くなるにつれて価値が下がります。

契約時に設定した残価を下回ると、差額はカーリース会社の負担になるため、走行距離に制限を設けています。

設定距離は各社異なりますが、月間500~2000kmで設定されていることが多いです。

上限を超過した場合は追加料金が発生するため、通勤等で長距離運転が多い方は、各社の取扱をチェックしましょう。

カーリース会社によっては、走行距離制限がなくなるプランもありますので、車の使い方に合わせて検討することをおすすめします。

契約満了時に清算金が発生する場合がある

残価を下回った時は差額分を支払う必要がある

カーリース契約にはオープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。

オープンエンド方式では、契約終了時の価値が、設定した残価を下回った場合、差額を清算する必要があります。

残価が下がる原因は様々ですが、車体の傷や車内の汚れ、走行距離が主な理由として挙げられます。

そのため、オープンエンド方式での契約には注意が必要です。

しかし、オープンエンド方式は月額料金が安い、返却時の残価が設定した残価以上であれば差額が返金されるなどのメリットもあります。

一方でクローズドエンド方式は、契約終了時の残価清算がないため、返却時の大きな出費がかさむ心配はありません。

オープンエンド方式とクローズドエンド方式については、こちらの記事にまとめております。
オープンエンド方式・クローズドエンド方式について詳しい解説はこちら

カーリースを利用した人の口コミ

続いては、実際にカーリースを利用した方の口コミを紹介します!

定額カルモくんの利用者

子供の学費がかかる時期でも負担を抑えて新車に乗れるので、本当に楽になりました!

リースナブルの利用者

知人がおすすめしてたので、話を聞いたときそんな安くて新車に乗れるなんてうまい話があるのか不安でしたが、本当に乗れました!!!

コスモMyカーリースの利用者

クルマを複数台所有していると、車検だけでなくメンテナンスや消耗品の交換などもバラバラに発生するので、その都度出費が大変になることもありました。そういう意味で、維持費がフラットになるというのは、大きなメリットになりますね。

KINTOの利用者

何より月々定額で全てコミコミっていうのがいい、ズボラな私に本当にピッタリだなって。

オリックスカーリースの利用者

車検費用や自動車税などが含まれているのでその分他の資金に回せるので助かります。前もカーリースで契約しましたが、とても良かったです。

口コミを見ると、月額料金だけで新車に乗れることに魅力を感じている方が多くいました!

カーリースは、維持費やメンテナンス費を月額料金に組み込むことができます。
突発的な出費を無くせるため、家計管理が楽になるメリットがあります。

また、契約後に口コミを残していることから、家計管理が楽になるだけでなくカーリース全体のサービスに満足しているということも分かります。

カーリースに魅力を感じた方は、この機会にカーリースを利用してみることをおすすめします!

まとめ

ここまでカーリースの仕組みから、メリット・デメリットについて紹介をしてきました。

カーリースは、まだまだ新しいサービスではありますが、新しい車の乗り方として注目を集めております。

家計に無理なく、ライフスタイルに合わせて契約内容を決められる点は、今の時代に合ったサービスと言えるでしょう。

ぜひこの機会にカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

現在は多くのカーリース会社がサービスを提供していますので、それぞれの特徴を加味して、自分に合ったプランを選択しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です