【カーリース】納車までの流れを徹底解説!

車の模型とカレンダー

カーリースとは税金や車検費用などが別途で発生せず、月々の定額利用料金だけで新車に乗れるという今大注目のサービスです。

そんなカーリースってどこで契約できるのか?納車までどれくらいかかるのかなど分からない人も少なくないはず。

そこで今回は、カーリースを契約してから納車するまでの流れをご紹介します。

新車をカーリースしたいと検討している方は是非参考にしてみて下さい!

納車までの流れ

車のカギを手渡し

公式サイトから乗りたい車を選択

まずはカーリース会社の公式サイトから自分が乗りたい車種・グレード・追加オプション、契約プランなどを選択するところから始まります。
※一部カーリース会社では店舗でも見積もりができます。

自分が乗りたい車、契約プランを選択すると月々の支払額が表示されるので、どれくらいの金額になるか確認することができます。

会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数、金額が違うので、自分が乗りたい車を会社ごとに比較してみるのも良いかもしれませんね。

審査申し込み

自分が乗りたい車、契約プランを選択したら、審査の申し込みに移ります。

審査期間は会社ごとに異なりますが、大体1週間前後で審査結果がカーリース会社から申込者本人に伝えられます。

審査の通りやすさは会社によってかなり変わってくるので、一度審査に落ちてしまっても他のカーリース会社で審査したら通るなんてこともあるので、諦めずに他のカーリース会社を探してみて下さい!

グレード&追加オプションの確認

審査に通過した後は、審査時に選択したグレードとオプションの確認を行います。

審査前のオプション選択はカーナビやドライブレコーダーの有無など限られた選択しかできませんでしたが、ここではシートを本革に変更やチャイルドシートの設置など様々なオプションを選択することができるので、審査前のオプション選択を見て「カーリースはオプションが少ないんだ、、」と心配になる必要はありませんよ。

この確認は電話で行うリース会社がほとんどなのでディーラーや店舗に足を運ぶ必要はありませんよ。

契約手続き

自分好みのグレードやオプションを選択したら、リース会社から自宅に契約書が郵送されます。

契約書にサインと捺印をして、「住民票」「車庫証明」「印鑑証明」「免許証のコピー」などを同封してカーリース会社に返送し、カーリース会社が内容を確認したら契約締結になります。

契約手続きに必要な「車庫証明」は申請から3~7日ほどかかる場合があるので事前に準備しておくことをおすすめします。

納車

契約内容に問題が無ければ、カーリース会社と納車時期をすり合わせて自宅に届けてくれるか、家の近くのディーラーに納車という流れになります。
※納車場所はカーリース会社によって異なります。

新車の場合は納車まで時間がかかることがあるので、契約完了したからすぐ届くということではないので注意して下さいね。

まとめ

基本的にカーリースは契約から納車まで家から出ずに行えることが分かりました。
※一部カーリース会社を除きます。

手軽に新車を買うことができるのもカーリースが人気となっている理由の一つなのかもしれませんね。

見積もりだけならカーリース会社の公式サイトから今すぐ見ることができるので、乗ってみたい車は月々どれくらいなのかぜひチェックしてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。