カーリースの契約に必要な書類は?

契約書に印鑑を押す

車を購入する時は新車であってもカーリースでも契約が必要です。

ですが、カーリースと新車を買うのとでは必要な書類が違うってご存じでしたか?

そこで今回は、カーリースの契約に必要な書類は何なのかをご紹介します。

カーリースで新車の購入を検討しているけど、どんな書類が必要なのか分からないという人や、先に準備してスムーズに契約を進めたいと考えている人は是非参考にしてみて下さい!

カーリースで必要な契約書類

車庫証明書

カーリース会社から送られてくる契約書

カーリースの契約は基本的に店舗やディーラーに行かなくてもいい場合がほとんどです。

なので契約書のやりとりも直接ではなく、郵送で行われます。

送られてきた契約書の内容に相違が無ければ、署名と捺印をして郵送することになります。

免許証

免許証は身分証明書として提出する必要があります。

全カーリース会社が免許書の提出を必要としているわけではなく、マイナンバーカードやパスポートなどの提出でも可能な会社があるので、どんな身分証明書の提出が必要か各カーリース会社に確認してみて下さい。

住民票

ディーラーで新車を購入する場合は、住民票が必要ない場合がありますが、カーリースの場合は住民票が必要になります。

発行日も3か月以内など決まりがあるので、注意してくださいね。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書とは、自分の印鑑が市に登録されたものと証明する書類です。

印鑑登録証明書を手に入れるには、お住いの市町村で印鑑登録をする必要があります。

こちらも発行から3か月以内など決まりがあるので、準備する際はカーリース会社に確認することをおすすめします。

車庫証明書

車庫証明書とは、車の保管場所があることを警察署長が証明してくれる書類です。

車庫証明申請書を警察署からもらい、自動車の保管住所や車種などを記入して警察署に提出し、内容が認められれば車庫証明書がもらえます。

車庫証明書は申請から発効まで約1週間程度かかると言われているので、事前に準備しておくことをおすすめします。
※メーカー名、型式、車台番号を記載する欄があるので、事前にカーリース会社に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

カーリースの契約で必要な書類を紹介していきましたが、全カーリース会社が上記で紹介したすべての書類の提出が必要というわけではありません。

免許証や住民票の提出が必要ない会社もあるので契約した際、どのような書類の提出が求められるのか事前に確認しておけば、契約もスムーズに進むこと間違いなしですね。

契約書類の準備にバタバタしたくないという人は車の見積もりを出してもらう段階から契約書類を確認しておくことをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。