短期カーリースに向いているのはこんな人!

車の模型とカレンダー

「車のサブスク」として今人気を集めているのがカーリース。

カーリースは1か月単位で契約できるものから10年以上の契約ができるものまで、幅広いのが特徴です。

契約期間の選択範囲が広いので、自分は短期契約が向いているのか長期契約が向いているのか分からないという人もいると思います。

そこで今回は、カーリースで短期契約することのメリットとデメリットをご紹介します!

カーリースをしたいけど、契約形態に迷っている人や短期契約が良いけどレンタカーとどっちがオトクなのか知りたい人は是非参考にしてみて下さい!

短期カーリースに向いている人

レンタカーよりコストを抑えたい人

短期カーリースはレンタカーやカーシェアと比べるとコストを抑えて利用できるのが特徴です。

カーリースは1日単位で借りることができないので、1日単位で借りることができるレンタカーやカーシェアがおすすめですが、1ヶ月~1年単位で考えるとレンタカーやカーシェアよりもカーリースの方がコストを抑えて利用することができるので、コストを抑えて利用したいという人におすすめです。

生活スタイルが変わったことで解約違約金を払いたくない人

カーリースは契約満了前に解約すると解約違約金を支払わないといけない会社がほとんどです。

独身時代は軽自動車でもいいですが、結婚や出産を機にミニバンなどの大型車に乗り変えたいという考えに変わる方が多いのではないでしょうか。

そんな時に、カーリースを長期契約をしてしまうと解約違約金を払って解約することになるので、無駄なお金が発生してしまいます。

生活スタイルが変わりそうで解約違約金を払いたくないという人は短期カーリースがおすすめです。

短期カーリースに向いていない人

長期カーリースでも問題ないという人

短期カーリースは長期カーリースと比べると月々の支払金額が高くなる傾向にあります。

なので、生活スタイルが変わらないという人や変わっても乗る車を変えることはないという人は、長期契約にすることで月々の支払金額を抑えることができます。

すぐに利用したいという人

レンタカーやカーシェアは契約書にサインしたらすぐに車に乗れますが、カーリースはすぐに利用できないというデメリットがあります。

カーリースの場合、審査に1週間ほどかかり、審査後には車庫証明書や住民票などをカーリース会社に送り、内容が認められてから車が受け取れるという流れなので、「明日から1ヶ月間だけ借りたい!」と思っても手に入らないので、すぐに利用したいという人には不向きかもしれません。

まとめ

短期カーリースは1ヶ月単位で借りれるところから1年単位で借りれるところまでと会社ごとに異なります。

契約までに時間がかかりますが、レンタカーやカーシェアよりコストを抑えて利用したいという人は検討してみるのも良いかもしれませんね。

新車ではなく中古車の取り扱いがほとんどですが、自分の車と同じように扱えるのも魅力の一つです。

自分には短期カーリースが向いていると思った方はぜひ短期で契約して存分にカーライフを満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。