リース車で事故を起こしたらどうなる?購入車との対処法の違いはあるの?

接触したミニカー

気を付けて車を運転していても「交通事故」はいつ起きるか分かりません。

自分が購入した車であれば、事故後の対応は自分でやる必要がありますが、リース車の場合はどうすればよいかご存じでしょうか?

そこで今回は、リース車で事故を起こしてしまったときの対処法と購入車の対処法と違いがあるのかについてご説明します!

購入した車と対処法が若干違いますので、事前に正しい知識を身に付けて事故が起きても落ち着いた対応ができるようにしましょう!

事故後の対処法は変わらない

基本的には、購入した車であってもリース車であっても対応に違いはありません。

違いが一つだけあるとすれば、リース会社に連絡する必要があるかどうかということです。

事故後の対処法

リース車で事故を起こしてしまっても落ち着いて対応できるように事故後の流れを説明しておきます。

ケガ人の救護

事故が起きると相手や自分、同乗者がケガをしている可能性があるので、救護を最優先にしましょう。

車を安全な場所に移動

ケガ人の無事が確認できたら、交通の妨げにならない場所に車を停車させましょう。

車道に車をそのまま放置していると、後続車が追突してくるなどの二次災害に繋がる可能性もあります。

警察や消防に連絡

身の安全、周りの安全を確保してから警察や消防に連絡をしましょう。

事故を起こした瞬間に警察や消防に連絡したくなりますが、まずは身の安全の確保が第一になります。

自動車保険会社に連絡

相手がいる事故の場合、賠償金の交渉でもめることが多いので、保険会社に連絡をして交渉を代行してもらいましょう。
※任意保険に加入していない場合は、自分で交渉することになります。

カーリース会社に連絡

購入者の場合は、自動車保険会社に連絡するまでで終わりですが、リース車を利用している場合はリース会社に連絡をする必要があります。

事故の連絡を入れないと、契約違反となる場合があり、違約金が発生することもあるので忘れずに連絡を入れましょう。

全損になった場合は解約金が発生する場合も

リース車が全損になるほどの事故を起こしてしまった場合は、契約が続行することができないと判断され、契約満了までに支払うはずだった車両代と解約違約金が一括で請求されてしまいます。

リース車で全損になるような事故は絶対に起こしたくはありませんが、カーリース専用の任意保険に加入しておけば、車両代金と解約違約金を補償してくれるので、加入することをおすすめします。

まとめ

交通事故を起こした時、リース車と購入車の対処法の違いはカーリース会社に連絡を入れる必要があるかないかということだけです。

カーリース会社に連絡するのはかすり傷程度の事故でも変わりはありません。

その時は、解約までには至りませんが、契約満了時までに修理してから返却する必要があるので、修理費は追加負担となるのでこちらも注意が必要です。

余計な費用を発生させないためにも安全運転を心がけてリース車に乗りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。