カーリースに頭金は必要?

車両代、自動車税、車検費用が一体化して定額で新車に乗れるというカーリースは月々の支払コストを抑えた車の買い方であると注目を集めています。

ですが、カーリースを利用する場合でも、新車を購入する時と同じように頭金が必要なのかご存じでしょうか?

そこで今回は、カーリースには頭金が必要なのかを解説します!

カーリースを検討しているけど、初期費用を抑えたいとお考えの方は是非参考にしてみて下さい!

頭金なしの会社が多い

新車を購入する時と同じように頭金が必要なカーリース会社もありますが、多くの場合は頭金なしで契約することができます。

頭金なしで契約できる会社でも、頭金を払って契約することもできるので、月々の支払コストを抑えたいという人は頭金を支払うのも良いかもしれませんね。

頭金なしのメリット

まとまったお金を用意する必要がない

頭金が必要ないので、初期費用の負担がかからないのが最大のメリットです。

カーリースの契約時は月額料金の支払いだけで良いので、貯金を崩す必要がないのは嬉しいですね。

新車を購入した場合はカーローンを組むと車両の20~30%の頭金が必要と言われているので、その金額がかからないというのは精神的なゆとりが持てるのではないでしょうか。

支払総額を減らせる

頭金を用意することで、借入額が減らせるので、その分利息も減らすことができます。

頭金を用意すれば支払総額を減らすこともできるので、無駄にお金を払いたくないとお考えの方は頭金を用意することをおすすめします。

頭金なしのデメリット

支払総額が増えてしまう

頭金がないということは借入額を減らせないということなので、その分利息が増え、総支払額も増えることになります。

総支払額が増えたとしても、返却時に残るであろう車両の価値(残価)を差し引いた金額を月々支払うというシステムなので、場合によっては新車を購入する時よりもコストを抑えることができるかもしれません。

なので、カーリースでの頭金の有無で考えるとデメリットですが、新車購入と比べるとそこまでデメリットではないかもしれません。

ローンが通らない場合も

頭金があれば借入額を減らすことができますが、頭金がないと借入額が減らせません。

年収が低い人であれば、借入額を減らさないとローンが通らない可能性もあります。

安定した収入がある正社員の方で、無理のない金額であれば頭金の有無はそこまで気にする必要はないかもしれません。

まとめ

カーリースは基本的に頭金が必要ないので、貯金がない人でも新車に乗ることができるというメリットがあります。

ですが、頭金がないと支払総額が増えてしまうので、損はしたくないという人は頭金を用意することをおすすめします。

どちらにしても新車購入するよりもオトクに乗ることができる場合が多いので、コストを抑えたいという人は是非カーリースを利用してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。