カーリースの車検について詳しく解説!

車検を受けている車

カーリースとは車両代に加えて自動車税と車検費用が加わった金額を月々の定額支払いでリース(長期レンタル)できるというシステムです。

税金や車検費用などが定期的に発生せず、家計管理がラクということから利用者が増え続けています。

車検費用が掛からないとは言うけど、車検の時は車をどこへ持って行けばいいのか分からない、内容によっては追加料金が発生するのではないかなど分からないこともあると思います。

そこで今回は、カーリースの車検について詳しく解説していきます!

自分で車を購入した時の車検と違いはあるのかを解説しますので、是非参考にしてみてください!

車検には2種類ある

車検

車検というのは、国が定めている自動車の安全が確保されているか、公害を発生させていないかをチェックするために行う検査のことです。

項目としては、ブレーキが利くか、ヘッドライトが付くか、排気ガス量は問題ないかなどです。

新車購入時から3年後、その後は2年ごとに受ける義務があります。

定められた期間内に車検を受けないことを車検切れと言いますが、車検切れの車で行動を運転した場合は、罰金が科せられてしまうので車検切れには注意が必要です。

法定点検

車検は、自動車の安全性、公害防止をチェックする内容でしたが、法定点検は急な故障や事故を未然に防ぐために行う検査のことです。

項目としては、ブレーキが利くか、タイヤがすり減っていないか、バッテリーに異常はないかなどです。

車検と内容が似ていますが、こちらは12ヶ月ごとと24か月ごとに行う義務があります。
※12ヶ月と24ヶ月では検査項目が異なります。

車検のように罰則はないので点検を行わない人が多いですが、点検することでより安全な状態で運転することができるので、必ず点検を行いましょう。

車検は基本料金に含まれていることが多い

カーリースには車検費用が含まれている会社が多いですが、この車検費用というのは、上記で紹介した「車検」のことを差します。

車検費用は車両の区分によって異なりますが、1番安い軽自動車の場合でも40,000~50,000円程度かかると言われているので、その金額が一気にのしかからないのは助かりますね。

法定点検の費用は別途料金の場合も

カーリースでは「車検」の費用が月々の料金に含まれていると紹介しましたが、法定点検も含まれている会社はあります。

ですが、ほとんどの会社は追加プランに加入することで保証してくれるので、法定点検の月に10,000円程度(軽自動車の場合)の負担が掛かるのはキツイという人は、追加プランに加入することで月々の負担を減らすことができますよ。

まとめ

カーリースは車両代+税金+車検費用が一つになっているので、急な出費が出ないのが特徴です。

車を安全な状態を保つだけでも、かなりの費用が掛かるので、急な出費を出したくないという人は法定点検も含まれている会社でカーリースするか、法定点検が保証されている追加プランがある会社を選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。