カーリースの審査に落ちた時の対処法!

右手にバツの札、左の手のひらに車の模型

カーリース契約をする時、支払い能力があるのかを確認するために「審査」が行われます。

審査は収入や借り入れ額などを加味して判断されるので、場合によっては審査が通らないという方もいると思います。

そこで今回は、カーリースの審査に落ちてしまったとき、審査を通すための対処法をご紹介していきます。

一度審査に落ちてしまったけど新車が諦められないという人は是非参考にしてみて下さい!

審査に落ちた時の対処法

他のカーリース会社で再審査してみる

カーリースの審査は全会社で共通しているわけではなく、各会社によって審査内容や通りやすさが異なります。

なので、A社で審査をしたけど、落ちてしまった、、という方でもB社やC社なら同じ内容でも審査が通ることもあるので、他社で審査をしてみることをおすすめします。

リース料金を下げる

審査に落ちてしまったということは、収入に対して支払金額が見合っていないために落ちたと考えられます。

なので、審査に出した時のグレードやオプションをワンランク落としてみたり、契約年数を長くしてみたりして月々の支払金額を軽くしてから審査をすると通る場合があります。

情報信用機関で情報を開示してもらう

収入は少なくないし、安定もしているのに審査に落ちてしまったという人は、信用情報に問題がある可能性が高いです。

例えば、過去のローンに滞納があったり、支払いが済んでいなかったりした場合にはブラックリストに名前が載ってしまいます。

過去のローンの支払いが分からないという人は、1,000円払えば情報信用機関が自分の情報を開示してくれるので、そこで確認してみましょう。

もし滞納があった場合は、返済することでローンが通る場合があります。

連帯保証人を立てる

審査に落ちるということは、支払い能力がないと判断されたということなので、支払い能力がある人を連帯保証人に立てることで、審査に通りやすくなります。

今の会社で長く働いて年収を増やす

すぐに対処できるないようではありませんが、今の会社で長く働いて年収が上がれば、車のグレードやオプションを落とさずに契約できるだけでなく、色んなカーリース会社に審査をする手間も省けます。

自分の希望通りの車を手に入れたいという人は、この方法が一番賢明かもしれません。

まとめ

カーリースの審査に落ちた時の対処法について説明しました。

審査を通すにはすぐに対処できる内容から長期にわたって対処できる内容まで色々あります。

審査に落ちてしまったという人は、一つずつ対処法を試してみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。