MOTAカーリースって何が良いの?最後はもらえるカーリースを徹底解説!

MOTAカーリースを徹底解説!

初期費用が掛からずに車を入れられるということで、現在利用者が急増しているカーリース。その中でも、“最後に必ずもらえる”ことを売りにしている「MOTAカーリース」について徹底的に解説していきます!

MOTAカーリースとは?

MOTAカーリースとは株式会社MOTAが運営しているカーリースサービスです。

“最後に必ずもらえる”ことから、新車購入した感覚で乗れるのが特徴です!

基本的にカーリースは契約満了時に車を返却する必要がありますが、MOTAカーリースは契約満了時に車がもらえるのが特徴です。

また、自分好みのカスタムや、ペットを同乗させるなど使い方が自由なのが嬉しいポイントです。

公式サイトにはお客様からの口コミが多く、高い評価を受けています。

そんなMOTAカーリースについて徹底的に解説していきますので、ぜひ参考にしてください!

カーリースは月額固定支払がポイント!

一般的に車を入手する方法は、カーローンや一括での購入がほとんどでした。しかし、近年では新しい車の乗り方としてカーリースも注目されています。理由としては、月額固定制で車に乗れるからです。

カーローンで車を購入すると、税金やメンテナンスなど突発的な出費が発生します。

毎年のように支払額が変わると、家計管理が大変になりますよね。

カーローンの支払イメージ

カーリースなら、税金や車検費用などが月額料金に含まれているので、支払額が一定になります。もちろん、頭金やボーナス払いは必要ありません。

突発的な出費がなくなり、家計管理を楽にしたい方であればカーリースがおすすめです。

カーリースの支払イメージ

MOTAカーリースのメリット

マイカー感覚で車に乗れる!

基本的にカーリース契約は返却する必要があるため、傷をつけることや、自分勝手なカスタムはできません。

また、車の価値を下げてしまう総走行距離に制限があるケースがほとんどです。

しかし、MOTAカーリースは車をもらえる前提の契約のため、制約がありません。

カーリース契約ではありますが、マイカーのように自由に乗りたい方にとっては大きなメリットです。

国産全車種・全グレードから選べる!

MOTAカーリースの新車リースは国産全メーカー全車種、全グレード(特別仕様車・福祉車両含む)から選ぶことができます。

他社カーリースの場合は、車種が限定されているなんてことも。

取り扱っている車種の中から選びたい方であれば問題ないですが、幅広い選択肢から最適な一台を見つけたい方は、MOTAカーリースを利用することをおすすめします。

輸入車のリースもできる!

MOTAカーリースは中古車限定ですが、輸入車のリースも行っています。

取り扱っている車種はメルセデスベンツやアウディ、ジープ、ランボルギーニなど様々です。

購入のハードルが高い輸入車ですが、リースにすることで費用を抑え、憧れのカーライフに近づけるかもしれません。

支払方法の選択ができる

カーリース契約は頭金なし、ボーナス払いなしで新車に乗れるのが魅力の一つです。

MOTAカーリースの場合、頭金の有無、ボーナス払いの有無(支払金額の設定も可)を自分で決めることができます。

他社カーリースでは、支払い方法や金額が決まっていることが多いですが、MOTAカーリースなら自分にピッタリの支払方法が選択できますよ。

MOTAカーリースのデメリット

契約年数が「5年」「7年」「11年」の3パターンのみ

最後に車がもらえることが前提であるため、契約プランは「5年」「7年」「11年」の3つしかありません。

転勤の3年間だけ、子供が小学生の間だけ契約するといった柔軟性には欠けてしまいます。

契約満了時には車がもらえるため、期間限定ではく、長期間所有することを想定したカーリースであると考えましょう。

MOTAカーリースの口コミ・評判

ここまでMOTAカーリースのメリットデメリットを紹介してきました。では実際に利用した人、検討した人はどう感じているのか?実際の声を聞いてみましょう。

MOTAカーリースの良い口コミ・評判

契約するまでスムーズで電話での説明がとても分かりやすかった。

車を返却する必要がなくマイカー購入と変わらないのが魅力的でした!

国産メーカー全車種取り扱っていたので自分に合った車を見つけることができました。

MOTA公式サイトには、車がもらえることが魅力的、契約までの対応が非常に良かったというコメントが多く寄せられていました。

MOTAカーリースの悪い口コミ・評判

転勤することになって車に乗ることがなくなったのですが、途中解約できないから困ってます、、

月々の支払いを一定にできるのは嬉しいけど、カーローンと比べると総支払額が大きいのが残念。

料金や途中解約ができないなど、カーリースの仕組み自体に対する不満が上がっていました。

それ以外はMOTAカーリースならではの悪い口コミはほとんどありませんでした。

カーローンとMOTAカーリースはどっちがお得なの?

MOTAカーリースは割高な印象があるとの口コミもありましたが、実際はどうなのでしょう?ここでは車の購入費、維持費について、下記それぞれにかかる費用を比較してみました。

  • MOTAカーリース
  • 銀行系カーローン
  • ディーラーローン
  • 車両費、維持費の一括払い
HONDA N-BOX

比較する車種はこちら。

MOTAカーリースで人気トップクラスの車種になります。

  • 車種:Honda N-BOX
  • グレード:Gクラス
  • オプション:なし(オプションはお好みによって差が出るため、ここでは無しとしています。)

Honda N-BOXについて、車体料金及び5年間、7年間にかかる一般的な維持費をまとめました。

  5年間 7年間
車体料金 ¥1,450,000 ¥1,450,000
車検費用 ¥57,830 ¥115,660
メンテナンス費
・法定12ヶ月点検
・エンジンオイル
・ブレーキオイル
・ワイパー
・バッテリー工賃
¥157,500 ¥220,500
自動車税 ¥54,000 ¥75,600
総額 ¥1,719,330 ¥1,861,760

これをもとに、カーリースとディーラーローン、銀行系カーローンを比較すると、

  MOTA ディーラーローン
(年利:7%)
銀行系カーローン
(年利:3%)
一括払い
5年間支払総額 ¥2,106,720 ¥1,992,050 ¥1,832,630 ¥1,719,330
7年間支払総額 ¥2,310,000 ¥2,250,100 ¥2,021,200 ¥1,861,760

※MOTAカーリース:支払総額はメンテナンスパック付き(通常パック)

カーリースとカーローン、一括購入を比較しましたが、支払総額で見るとやはり一括払いや銀行カーローンで購入する方が費用を抑えることができます。しかし、冒頭でも既述したように、車検費用や税金の支払いが都度発生するのではなく、毎月定額で管理ができる点がカーリースの利点といえるでしょう。

MOTAカーリースにはカーローンにはない11年契約プランがあります。

支払総額は、7年契約よりも多くなってしまいますが、月々の支払額を抑えることができるので、できるだけ安く車に乗りたい方は11年契約を選択するのもアリかもしれませんね。

車が手に入りにくい状況になっている

2022年8月現在、世界情勢の不安定さによって、自動車業界では新車の納期が大幅に遅れております。車種やメーカーによって違いはありますが、長いもので納車が1年先になってしまう車種もあるそうです。

この影響は新車だけでなく、中古車業界にも広がっています。

中古車市場では新車の納期が遅れることで、車の買い替えが減り、売り出される車も減っていることから、中古車価格が高騰しているのです。

この状況はしばらく続くとみられており、すぐに車が必要という方は購入、リース、レンタカーなど、様々な状況を加味したうえで車を選択することをおすすめします。

まとめ

MOTAカーリースは契約満了後に車がもらえるので、返却せず自分のものにしたいという人におすすめです。

また、支払いは月額固定なので、車検やメンテナンスなどがあっても突発的な出費は発生しません。

11年契約のような長期契約をすることで、月々のコストを抑えて車に乗れるのも魅力の一つです。

最終的に必ずもらえるので定額利用かつマイカー感覚で車を愛用したい方はぜひMOTAカーリースを利用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。