カーリースで長期契約は可能なの?メリットデメリットとともに解説!

長期カーリースに向いているのはこんな人!

カーリースは、初期費用が必要ないにもかかわらず購入と同じように車に乗ることができます。

そんなカーリースは、長期で借りるケースが多いですが、最長で何年まで契約できるのでしょうか?

また、長期リースすることのメリットとデメリットはあるのでしょうか。

この記事では、カーリースの長期契約について詳しく解説していきます!


記事のポイント
・長期リースの最長契約期間は11年
・長期契約満了後はリース車がもらえるケースが多い
・途中解約できないため注意が必要

10年以上のリースが可能

リース会社によって選択できる契約年数は異なりますが、最長で11年契約を結ぶことが可能です。

11年契約ができても、契約満了前に車が故障するのではないかと疑問を持たれる方もいると思います。

しかし、技術の発達により車の平均使用年数は10年を超えており、大きな事故さえ起こさなければ、契約満了まで問題なく運転することが可能です。

リース車が経年劣化で故障せず安全に運転できるため、一部カーリースでは最長で11年契約まで設けているのです。

以下に10年以上の契約ができるカーリース会社をピックアップしたので、それぞれご紹介していきます。

定額カルモくん

おトクにマイカー定額カルモくん

定額カルモくんは、ナイル株式会社が運営するカーリースサービスです。

多くのリース会社は、5年、7年、9年など決められた選択肢の中から選びますが、定額カルモくんは1〜11年の間から1年単位で選択できるため、契約年数の選択の自由度が高い点が魅力です。

さらに、7年以上の契約であれば、月額に+500円することで契約満了時に車がもらえるオプションを付けることができます。

リース車でも、購入した車のように扱いたい方は、もらえるオプションを追加してみましょう。

他にも定額カルモくんの魅力はありますので、以下の記事も参考にしてください。
定額カルモくんの詳しい記事はこちら
公式HPはこちら

MOTAカーリース

MOTAカーリースのTOP画像

MOTAカーリースは、株式会社MOTAが運営するカーリースサービスです。

契約年数は、5年、7年、11年の3つから選択することが可能です。

どの契約年数であっても、契約満了時には車がもらえるため、購入と同じ感覚で車を扱えることが最大の特徴です。

そのため、通常のカーリースで設けられている走行距離制限や改造やカスタムといったことも気にする必要がないことは大きなメリットです。

他にもMOTAカーリースの魅力はありますので、以下の記事も参考にしてください。
MOTAカーリースの詳しい記事はこちら
公式HPはこちら

カーコンカーリース

カーコンカーリース

カーコンカーリースは、カーコンビニ倶楽部株式会社が運営するカーリースサービスです。

契約年数は、3年、5年、7年、9年、11年の5つから選択することが可能です。

3年、5年契約は、契約満了時に返却する必要がありますが、7年、9年、11年契約の場合は、契約満了時に車をもらうことができます。

さらに、一部車種は最短14日で納車されるため、今すぐ車が欲しい方にピッタリと言えるでしょう。

他にもカーコンカーリースの魅力はありますので、以下の記事も参考にしてください。
カーコンカーリースの詳しい記事はこちら
公式HPはこちら

長期リースをすることによるメリット

ここまでは、10年以上の契約ができるカーリース会社をご紹介してきました。

続いては、長期リースならではのメリットをご紹介していきます。

車がもらえるプランがある

上記3社の内容でも記載がありますが、長期での契約をすると車がもらえるプランやもらえるオプションをつけることができます。

長期契約することで、購入と変わらない感覚で乗ることができるため、カーリースでよくある走行距離制限や、車体の傷やへこみなどを気にせず運転することができます。

さらに、カスタムや改造のように自分の思いのままに扱うこともできますよ。

月々の支払金額を抑えることができる

カーリースの支払いイメージ

カーリースの月額料金は、車両代金から下取り価格である残価を契約時に差し引いた金額を契約期間で割って算出しています。

契約期間が長くなればなるほど、支払回数が増えるため月額料金が安くなります。

リース会社によっては、1万円程度から新車に乗ることも可能なため、家計を圧迫させずに車を持つことができます。

長期リースをすることによるデメリット

長期リースするメリットがある反面、デメリットも存在します。

ここからはデメリットをご紹介します。

途中解約ができない

カーリースは基本的に途中解約することができません。

長期リースをすると契約期間中にライフスタイルの変化があって車が不要になっても保持し続けなければなりません。

特別な事情により解約ができたとしても、残りの支払金額を一括請求されることがあるため、解約には注意が必要です。

そのため、長期契約をする際は将来的なリスクを考え、途中解約をしないことを前提に契約するようにしましょう。

まとめ

長期リースについてのポイントをまとめてきました。

長期リースは月額料金を抑え、最終的には車がもらえるプランがあるなどのメリットが多数あります。

また、車の寿命も伸びているため、長期リースであっても契約期間中は故障なく長く乗り続けることができるでしょう。

しかし、基本的に途中解約ができないため、契約する際は将来的なプランも考慮した上で契約する必要があります。

購入やレンタカーも素晴らしいサービスですが、車を選ぶ選択肢に是非カーリースも加えてみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です