カーリースが定める走行距離制限を超えるとどうなる?

車のスピードメーター

カーリースの契約には走行距離制限を定めている会社がほとんどです。

ですが、総走行距離に制限があるのか月々の走行距離に制限があるのか、距離制限を超えるとどうなるのかなど分からないこともあると思います。

そこで今回は、カーリース会社が定める走行距離制限とは何なのかについて解説していきます!

車の使用頻度が高いという人だけではなくカーリースを検討している人もこの記事を読んで知識を身に付けてみて下さい!

走行距離制限とは?

一直線の道路

走行距離制限というのは、文字通り契約期間中にどれだけの距離を走行していいかを定めたものになります。

走行距離制限を定めている理由としては、契約満了で車を返却されたときに、走行距離が短ければ中古車としての価値が残り、リース会社は他の人に再び売ることができるからです。

ちなみに走行距離制限は、総走行距離のことを言っている場合がほとんどなので、1ヶ月で○○kmまでしか走行できませんということではないので安心してください。

走行距離制限は各カーリース会社によって異なりますが、平均して月間走行距離1,000~2,000kmとなっています。

毎日使ったとしても33~66km以内であれば、問題なさそうですね。

走行距離制限を超えてしまった場合は?

走行距離制限を気にしながら運転したとしても、契約満了で返却する時に走行距離を確認してみたら超えていた!なんてこともあると思います。

ですが、万が一超えてしまったとしても、超過分を精算すれば問題ありませんよ。

超過分の金額は各カーリース会社によって異なりますが、平均して1kmあたり3~10円ほどと言われているので、距離を気にしながら運転していれば、過剰な超過料金を取られるという心配はなさそうですね。

まとめ

走行距離制限を設けているカーリース会社が多いですが、10年くらいの長期契約になると返却時には車の価値がほとんど残っていないと判断されるので、走行距離制限を設けていないこともあります。

なので、長期契約を考えている人は走行距離制限がない会社を選ぶことで何も気にせずに車に乗ることができます。

また、契約時に契約満了時の残価を明示した(オープンエンド方式)契約をするカーリース会社であれば、走行距離を極力抑えることで、契約満了時に想定残価よりも価値が残ったと判断されてお金が返金される場合があります。

休日にしか車に乗らないという人はお金が返金されることをモチベーションに走行距離を抑える運転をするのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。