カーコンカーリースを徹底解説!カーコンビニ俱楽部で修理もお任せ!?

もろコミカーコンカーリース

初期費用が掛からずに車が手に入るということで、現在利用者が急増しているカーリース。その中でも人気が高く、今大注目の「カーコンカーリース」について徹底的に解説いたします!

カーコンカーリースとは?

カーコンカーリースはカーコンビニ倶楽部株式会社が運営するカーリースサービスです。

壇蜜さんやアンタッチャブルの柴田英嗣さんがイメージキャラクターを務めていることもあって、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

もろコミはお客様満足度97%!!
出典:https://morokomi.carcon.co.jp/

お客様満足度は97%で、Twitterでも多くの方が高評価をしているサービスです。

そんなカーコンカーリースを徹底的に解説していきますので、ぜひ参考にしてください!

カーリースは月額固定支払がポイント!

一般的に車を入手する方法は、カーローンや一括での購入がほとんどでした。

しかし、近年では新しい車の乗り方としてカーリースも注目を浴びています。

大きな特徴としては、月額固定制で車に乗れることです。

以下の図で、一般的なカーローンと比較してみましょう。

カーローンの支払イメージ

カーローンの場合、メンテナンスや車検など突発的な費用がかかることが分かります。

カーローンの月々の返済にメンテナンス費や車検などの費用が加わると家計管理が大変ですよね。

カーリースの支払イメージ

しかし、カーリースの場合は、一般的な維持にかかる税金や自賠責保険料などが月額料金に含まれております。

また、カーコンカーリースでは頭金やボーナス払いの必要はありません。

カーリースは突発的な出費がなくなり、月額固定支払になるため家計管理が楽になるメリットがあります。

カーコンカーリースのメリット

契約満了後は車がもらえる

カーコンカーリースは契約満了後、車がもらえるのが最大の特徴です。

基本的にカーリースは、契約満了時に車を返却する必要があります。そのため、傷がついた場合は修理や原状回復費用が必要となったり、自分好みにカスタムをするなどのことはできません。

しかし、カーコンカーリースは契約満了後に車がもらえるため、マイカーとほぼ同じ感覚で扱うことができます。

自分好みにカスタムしたり、塗装したりと自由に車が扱えることはメリットですね。

契約から納車までは最短14日!

出典:https://morokomi.carcon.co.jp/

カーコンカーリースは、新車が最短14日で納車されることも大きな特徴です。

これは独自に即納車が定められているため、最短14日というスピードで納車が可能になっています!

ラインナップは時期によって変わりますが、公式サイトで「即納車」のページを見れば、どの車種が短期間で手に入るのかがチェックできます。
(即納車は車種やグレードが限定されているため、自分好みに変更することはできません。)

新車購入や通常のカーリースであれば、納車まで1~2ヶ月かかります。

加えて、後述しますが現在車の納期は大幅に遅れており、納期が1年先という車種も珍しくありません。
カーコンカーリースは最短14日で手に入るのが強み!

急ぎで車が必要な方、すぐに車が手元に欲しい方はカーコンカーリースの即納車を利用してみるのはいかがでしょうか。

契約満了2年前から乗換・返却が可能

出典:https://morokomi.carcon.co.jp/

カーリース契約では基本的に、契約期間中の乗換や返却はできません。

万が一の事故で車が乗れない状態まで破損してしまった場合や、病気等で運転ができなくなってしまった場合は、解約金を支払って途中解約となります。

しかし、カーコンカーリースでは契約満了の2年前から解約金ゼロで乗換や返却することができます。

契約期間中に転勤で車が必要なくなった、家族が増えて大きな車へ乗り換えたいといったライフプランの変化は大いに考えられるでしょう。

契約時点では予測できなかった事態に対し、カーコンカーリースでは柔軟な対応が可能です。

中古車なら輸入車もリースできる

出典:https://morokomi.carcon.co.jp/

カーコンカーリースの新車リースは国産車のみですが、中古車ならアウディ、BMWといった輸入車もリースできます。

また、新車と同じく、契約満了後は車がもらえるため、マイカー感覚で利用できるのもポイントです。

即納車と同じように契約から最短14日での納車も可能です。

購入のハードルが高い外車ですが、リースにすることで費用を抑え、憧れのカーライフに近づけるかもしれませんね。

カーコンカーリースのデメリット

メンテナンスパックは軽自動車のみ対応

カーコンカーリースではタイヤ交換、バッテリー交換が定額になるメンテナンスパックは軽自動車限定のオプションとなります。

SUVやミニバンなど軽自動車以外の車を契約する場合は、メンテナンス費が自費になるため、都度費用が発生するデメリットがあります。

メンテナンスを自身で行う方や、すでにメンテナンス場所が決まっている方にとっては問題ありませんが、車に関わる費用を一定にしたいという方にとっては、デメリットに感じるかもしれません。

契約車両は店舗まで取りに行く場合も

カーコンカーリースで契約した新車はお近くのカーコンビニ倶楽部やディーラーに納車されることも。

そのため、新車を手に入れるには店舗まで行く必要があります。

多くのカーリース会社はネットで完結できることが魅力の1つですが、カーコンカーリースの場合、最終的には一度ディーラー等に行く必要があります。
車の最終チェックや担当者と直接やり取りができる場と考えてみると、意義のあることかもしれませんね。

ただし、中古車であれば必ず自宅まで納車してくれるため、ネットだけで契約から納車まで可能ですよ。

カーコンカーリースの口コミ・評判

ここまでカーコンカーリースのメリットデメリットを紹介してきました。では実際に利用した人、検討した人はどう感じているのか?実際の声を聞いてみましょう。

カーコンカーリースの良い口コミ・評判

契約満了まで乗れば、自分のものになるところが選んだ決め手でした!

メンテナンス費用も込みで、毎月の出費が変わらないから本当に助かってます。

契約終了の2年前から乗換ができるから、契約期間に縛られて解約できないこともありません!

良い口コミには、カーコンカーリースが売りとしている「契約満了時に車がもらえる」「契約満了前に乗換・返却できる」ことに対して良い評価がたくさんありました。

カーコンカーリースの悪い口コミ・評判

コンパクトカーを11年契約したのですが、メンテナンスパックが付けられなかった。

保険や税金がもろコミなのは嬉しいけど、やっぱり総額で見ると購入した方が安いのね。

メンテナンスパックに対する不満がいくつか上がっていました。先ほどのデメリットでも上がりましたが、軽自動車以外の車種ではメンテナンスパックの対応がありません。

しかし、限定的ではありますが7年契約の「もろコミ特選車」プランであれば、全車種にメンテナンスパックを付けることができます。

期間や契約内容に制限がありますが、メンテナンス費用まで月額固定で支払うことができます。
メンテナンスパックの有無も考えて、様々な側面から検討することも大事になります!

カーローンとカーコンカーリースはどっちがお得なの?

カーコンカーリースは割高な印象があるとの口コミもありましたが、実際はどうなのでしょう?ここでは車の購入費、維持費について、下記それぞれにかかる費用を比較してみました。

  • カーコンカーリース
  • 銀行系カーローン
  • ディーラーローン
  • 車両費、維持費の一括払い
N BOX

比較する車種はこちら。

カーコンカーリースでも大人気の車種になります。

  • 車種:Honda N-BOX
  • グレード:Gクラス
  • オプション:なし(オプションはお好みによって差が出るため、ここでは無しとしています。)

Honda N-BOXについて、車体料金及び7年間にかかる一般的な維持費をまとめました。

  7年間
車体料金 ¥1,450,000
車検費用 ¥115,660
メンテナンス費
・法定12ヶ月点検
・エンジンオイル
・ブレーキオイル
・ワイパー
・バッテリー工賃
¥220,500
自動車税 ¥75,600
総額 ¥1,861,760

これをもとに、カーリースとディーラーローン、銀行系カーローンを比較すると、

  カーコン
カーリース
ディーラーローン
(年利:7%)
銀行系カーローン
(年利:3%)
一括払い
7年間支払総額 ¥2,291,520 ¥2,250,100 ¥2,021,200 ¥1,861,760

カーリースとカーローン、一括購入を比較しましたが、支払総額で見ると一括払いや銀行カーローンで購入する方が費用を抑えられます。しかし、冒頭でも既述したように、車検費用や税金の支払いが都度発生するのではなく、完全月額固定で管理ができる点がカーリースのメリットといえるでしょう。

また、カーコンカーリースには9年、11年契約のプランがあります。

契約年数を延ばすと、金利が上乗せされるため総支払額は増えてしまいますが、月々の支払額を抑えることができます。

毎月低額で新車に乗りたいならカーコンカーリースの方がお得に車に乗ることができます。

カーコンカーリースの新車リースと中古車リースの違い

さて、ここまでの話は新車を借りることが前提でした。

しかし、カーコンカーリースでは中古車のカーリースも扱っております。

中古車には抵抗があるという方もいるかもしれませんが、中古車ならではのメリットもいくつか存在します!

この機会に、ぜひ検討してみましょう!

ミライース

比較する車種と条件を以下にまとめました。

こちらもカーコンカーリースで人気トップクラスの車種です!

  新車 中古車
車種 ダイハツ ミライース
グレード Lクラス
オプション カーナビ
契約期間 7年 6年
年式 2017年
走行距離 2.9万キロ

ダイハツの「ミライース」を新車、中古車で購入した場合の支払金額、契約期間後の対応、納期を以下にまとめます。

  中古車 新車
契約期間 6年 7年
毎月支払額 ¥16,500 ¥32,780
支払総額 ¥1,188,000 ¥2,753,520
契約期間終了後の車両 もらえる もらえる
納期 最短14日 約1~2ヶ月

中古車と新車で契約年数が違いますが、総支払額を見ると中古車の方が圧倒的に費用を抑えられます。

しかし、中古車を選択するときは、「あと何年くらい乗れるのか?」「すぐに故障しないか?」といった不安が出てきますよね。

まず、車の平均使用年数は、技術の発達により毎年のように伸びており、現在約14年と言われています。加えて、走行距離は20万km以上乗っても車に支障はなく、数年で故障して乗れなくなることはほとんどなくなりました。

上記で比較対象とした中古車は2017年式で走行距離が2.9万キロであるため、少なくとも7年~8年は問題なく乗ることができると言えるでしょう。

また、中古車の場合は最短14日で納車されるため、すぐにでも車が必要な方には中古車がおすすめです。

新車と中古車の支払総額や車の状態などを考慮した上で、ぜひカーコンカーリースを検討してみてください!

カーコンカーリースなら早く自動車が手に入る!

2022年9月現在、世界情勢の不安定さから、自動車部品に必要不可欠な半導体が不足しており、新車の納期が大幅に遅れております。車種やメーカーによって違いはありますが、長いもので納車が1年先になってしまう車種もあるそうです。納車が1年先となってしまうと、すぐに車が必要な人は困ってしまいますよね。

しかし、カーコンカーリースでは、新車の即納車や中古車なら最短14日で納車することができます。

即納車は車種やグレード、台数が限定されているため選べる範囲は狭いですが、すぐにでも車が必要な方にとっては非常にありがたいサービスであると言えますね。

新車の納期が遅れるこの状況はしばらく続くとみられており、すぐに車が必要という方は購入、リース、レンタカーなど、様々な状況を加味したうえで車を選択するとよいでしょう。

まとめ

カーコンカーリースは、契約満了後に必ず車がもらえるのが特徴です。

即納車であれば、最短14日で納車されるため、すぐにでも車が必要な方にとっては嬉しいサービスと言えます!

また、契約満了2年前から乗換・返却と自由に扱えるため、急なライフプランの変化に対応できるのも嬉しいですね。

記事を読んで自分に合っていると感じた方は是非カーコンカーリースを検討してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。