カーリースの審査で気を付けるべきポイント!

車の模型と電卓

カーリースで契約を結ぶ前には、契約者が継続的に支払いができるかどうか確認するための「審査」というものがあります。

この審査に通らないと契約することができないので、カーリースをする上では非常に重要な部分になります。

そこで今回は、カーリースの審査を通すために気を付けておきたいポイントをご紹介します。

審査が通るためにはどんな基準を満たしていないといけないのかが気になるという人は是非参考にしてみて下さい!

気を付けるべきポイント

年収

審査で一番重要なポイントとなるのは年収がどれくらいあるのかということです。

年収が200万円以下と少なく、月々の利用料金が支払えないと判断されてしまうと審査に通らない可能性があります。

審査に通らなかった場合は、グレードを落としたり、オプションを外したりと月々の支払金額を落とせば、審査が通ることもあります。

雇用形態

年収と同じくらい重要なのが安定した収入があるかどうかです。

正社員の方であれば、毎月一定の収入が保証されているので、審査に通りやすいですが、自営業の方やパート・アルバイトの方は毎月安定した収入が見込めないと判断されやすいので、審査が通りにくい傾向にあります。

審査が通らない場合は、安定した収入がある人を連帯保証人にすることで審査が通りやすくなります。

勤続年数

勤続年数が短いと、すぐ転職するのではないか、転職して給料が下がったら継続的な支払いができなくなるのではないかと判断されるため、審査が通りにくい傾向があります。

審査を通すためには最低でも1年以上の勤続年数がほしいところです。

債務状況

現在、他社からどれくらいの借り入れがあるのかどうかも重要なポイントです。

他社から多額の借入金があるとカーリースの支払いまで手が回らなく、支払いが滞る可能性があると判断されてしまうからです。

その他

収入が低くても持ち家に住んでいれば、支払いが滞っても家を売れば支払い続けることができると判断してくれるので、審査に通りやすいですが、収入が低くてアパートなどの借家に住んでいる場合は、支払いが滞った時の担保が何もないので、審査が通りにくいという傾向にあります。

他にも未成年は支払い能力が低いと判断されがちなので審査に通りにくいなどがあります。

ですが、これも連帯保証人を用意することで審査が通りやすくなるので、収入が低くて持ち家がない方や未成年の方でも安心して審査を申し込むことができますよ。

まとめ

カーリースの審査を通すために気を付けたいポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

カーリースの審査は基本的に無料でできるので、気軽に審査をしてみるのも良いかもしれませんね。

万が一、カーリースの審査に落ちてしまったという方は、審査に落ちてしまったときの対処法をまとめた記事もありますので、こちらを参考にしてみて下さい!

カーリースの審査に落ちた時の対処法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。