カーリースの残価設定とは?残クレとの違いについて徹底解説!

ミニチュアの車の周りに並んだ1万円札

カーリースは契約満了時の「残価」を設定することで、月々の支払コストを抑えることができるとされていますが、「残価」と言われても何となく分かるけど、しっかり理解できているという人は少なくないのでは?

そこで今回は、カーリースの残価設定について解説していきます!

カーリースの残価設定だけでなく、よく似た残価設定型クレジットとの違いも解説するので、この記事を読んで残価設定について正しい知識を身に付けてみて下さい!

カーリースの残価設定とは?

カーリースにおける残価設定とは、契約時に契約終了後の予想価値(残価)を設定して、本体価格から予想価格(残価)を差し引いた金額を支払うという設定です。

例えば、500万円の車を5年契約した場合、5年後には100万円の価値がある(残価100万円)と予想したとすると、5年間の支払金額は500万円(車両価格)-100万円(残価)=400万円になるということです。

残価は走行距離や車種の人気度などによって差が出るので、大事に乗っていても残価がほとんどないということもあるので気を付けて下さいね。

残価設定型クレジット(残クレ)とは

残価設定型クレジットとはカーリースの残価設定と似ていて契約時に残価を決めて、本体価格から残価を差し引いた金額を月々支払うというシステムです。

カーリースの残価設定との大きな違いはカーリースは月々の支払いに車両代+税金+車検費用などが含まれていますが、残クレには車両代しか含まれていないので、税金やメンテナンス費などの出費はその都度発生することになります。

カーリースの残価設定のメリット

税金・車検費用が月々の支払いに含まれている

先ほども説明しましたが、カーリースの残価設定には車両代だけでなく税金や車検費用が含まれているので、車に関する出費は毎月一定ということです。

急な出費が発生するのが嫌という人には嬉しいのではないでしょうか。

長期間契約が選択可能

残クレの場合は3~5年契約がほとんどですが、カーリースの場合は会社によって異なりますが、1ヶ月単位から11年契約までと契約期間が長いのが特徴です。

月々のコストを徹底的に抑えたいという人は長期契約をすることをおすすめします。

カーリースの残価設定のデメリット

月々の支払額が高くなる

カーリースは月々の支払いが定額とお伝えしましたが、料金の中には車両代+税金+車検費用等が含まれているので、残クレで新車を購入した時と比べると月々の支払額が高くなります。

それでも、税金や車検費用など突発的な出費が発生しないので、月々の支払いが少し高くなっても一定なら家計状況を把握しやすいとお考えの方であれば、そこまでデメリットではないかもしれません。

途中解約した場合、違約金が発生する

残クレの場合、契約満了前に解約という形で車を返却すれば総支払額から返却時の残価を引いた金額を月々支払えばよいですが、カーリースで途中解約した場合は総支払額から返却時の残価を差し引いた金額(解約違約金)を一括で支払わなくてはいけない会社がほとんどです。

まとめ

カーリースの残価設定と残価設定型クレジットとの違いを解説しました。

カーリースの場合は長期契約ができるので、まとまったお金がない人でも新車に乗れるというメリットがあります。

ですが、途中解約すると解約違約金として膨大な金額を一括で支払わないといけないので、注意も必要です。

途中解約することがなければ、カーリースの残価設定は非常にいいプランなので、これを機に利用してみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。